2018.10.15

監督復帰はまだ先か…ヴェンゲル氏「休養も悪くはない」

ヴェンゲル
メルテザッカー(左)の引退試合に監督として参加したヴェンゲル氏(右)[写真]=picture alliance via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨シーズン限りで現役を引退した元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー氏の引退試合が13日に故郷のハノーファーで行われ、古巣アーセナルの元指揮官であるアーセン・ヴェンゲル氏が監督として参加し、華を添えた。ドイツ誌『kicker』が伝えた。

 ヴェンゲル氏はアーセナルから離れて以来、去就の噂が絶えないが、本人はしばらく休養が必要だと感じているようだ。「これまで35年もの間、休みなく監督として働いてきた。ここ数カ月の休養は悪くはないよ。今後、再び監督として働くのか、そしてそれがどこになるのかは、私にも言えないね」

 ドイツ国内で不振に陥っているバイエルンについて聞かれると、長年ビッククラブの監督として重圧にさらされてきた経験からアドバイスを送った。「大半のドイツ人のように、今のバイエルンの状況には驚いている。でも、バイエルンに関して何の心配もしていないよ。最も重要なことは、クラブの内部での冷静さと安定を失わないことなんだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る