2018.09.23

原口元気、今季初先発も…味方退場で前半だけで途中交代「ツイてない」

原口元気
ニュルンベルク戦で今季初の先発出場を果たした原口元気 [写真]=Getty Images
Kota Minato

 ハノーファーに所属するMF原口元気が、22日のブンデスリーガ第4節ニュルンベルク戦で今シーズン初の先発出場を果たした。だが、前半の内に味方DFが一発退場となり、戦術的な理由で後半を迎える前に途中交代となった。

「ツイてないなと…」。原口は調整が遅れたため、リーグ開幕から3試合ベンチスタートが続いたが、今節は「やっと出れるようなコンディションになってきた」。そんな中でつかんだ今シーズン初のスタメンだったが、29分にDFミーコ・アルボルノスが一発退場となるアクシデントに見舞われる。アンドレ・ブライテンライター監督は、すぐにFWボビー・ウッドをDFユリアン・コルプに代えて「4-4-1」に変更。数的不利の中、チームの重心も下がったため、原口も守備に追われることになったが、「前半は耐え切るというメンタリティーだった」と割り切っていたようだ。

 だが、後半開始のメンバーに原口はいなかった。ブライテンライター監督は、代わりにMFマルヴィン・バカロルツを投入して中盤を3人にし、FWを1人増やして2トップでカウンターを狙う方針に変えた。戦術的な理由で途中交代となった原口は「90分通して考えていた中で、前半は耐えるべきだと考えていたから、(最終ラインに)吸収されて守っていた部分もあった。でもふた開けてみたら(後半のメンバーに)いなかった。そこは悔しさが残る」と話したが、同時に「そこで選ばれなかったのが、今の評価かなと思う」と冷静に自身の立場も捉えている。

 チームは後半も粘り強さを見せたが、終盤に力尽きて0-2で敗戦。2連敗とともに開幕4戦未勝利となった。嫌な流れの中、次節は25日のホッフェンハイム戦。落ち着く間もない中2日での試合になるため、原口は「もう死にものぐるいで勝ちにいくしかない。慌てることはないので。自分自身も慌てることは何一つない。自分自身をちゃんと試合に持って行ければいいかなと」と潔く切り替えた。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング