2018.09.10

バイエルン残留のボアテング…PSG移籍不成立の理由は高額移籍金

ボアテング
バイエルンでのプレー続行が決まったボアテング [写真]=TF-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入する可能性を取り沙汰されながらも、バイエルンに残留することが決まったドイツ代表DFジェローム・ボアテング。移籍が不成立に終わった理由について、フランス紙『レキップ』の報道を引用しながらイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 報道によると、パリ・サンジェルマンがターゲットに据えていたボアテングについて、バイエルンは移籍金として4500万ユーロ(約57億7000万円)を要求。だが、パリ・サンジェルマンはあまりにも高額であるとして、支払いに難色を示したという。移籍期間最終日まで去就に注目が集まっていた同選手だが、移籍は実現しなかった。

 なおパリ・サンジェルマンは、8月16日にシャルケからU-21ドイツ代表DFティロ・ケーラーを獲得。ボアテングの加入は叶わなかったが、センターバックの補強には成功している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る