FOLLOW US

ドルトムントのトプラクが練習試合で負傷、離脱へ…今季公式戦は出場なし

ドルトムント加入2年目を迎えているトプラク [写真]=Icon Sportswire via Getty Images

 MF香川真司が所属するドルトムントのトルコ代表DFエメル・トプラクが、大腿筋損傷で離脱を強いられることとなるようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が8日に報じている。

 今シーズンは公式戦での出場機会を得ていないトプラクは、6日に行われたオスナブリュックとのテストマッチで先発出場。香川やドイツ人MFマリオ・ゲッツェらとともにプレーしたが、大腿筋を負傷してしまったという。同選手は「しばらくの間、離脱する」ことになるようだ。

 トプラクは1989年生まれの29歳。トルコ代表として27試合の出場経験を持つセンターバックで、昨年夏にレヴァークーゼンからドルトムントに加入した。昨シーズンはブンデスリーガで26試合出場を記録したものの、今夏には移籍の可能性も取り沙汰されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA