2018.09.07

UEFAネーションズリーグ開幕…ドイツ、W杯王者フランスとスコアレスドロー

ヴァラン、ロイス
ヴァラン(左)とロイス(右)のマッチアップ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第1節が6日に行われ、ドイツ代表とフランス代表が対戦した。

“新旧W杯王者”の激突となった新大会の初戦、ホームのドイツはGKマヌエル・ノイアー、マッツ・フンメルス、トニ・クロース、トーマス・ミュラーらが先発出場。対するフランスはラファエル・ヴァラン、ポール・ポグバ、アントワーヌ・グリーズマンらが先発メンバーに名を連ねた。

ノイアー

先発出場したGKノイアー [写真]=Bongarts/Getty Images

 立ち上がりは互いに決定機を作るに至らず、拮抗した展開に。18分にはドイツのティモ・ヴェルナーがペナルティーエリア左外からドリブルでカットイン。右足シュートを放ったが、GKアルフォンス・アレオラに阻まれた。前半はドイツが攻勢をかける時間が長くなったものの、フランスの守備を崩すには至らない。両サイド深くまで運んでも、クロスをゴール前でクリアされるプレーが目立っていた。

 対するフランスは37分、敵陣左サイドからエンゴロ・カンテが右足でクロスボールを供給。ペナルティーエリア右側、ファーサイドで待っていたオリヴィエ・ジルーが打点の高いヘディングシュートを枠に飛ばしたが、GKノイアーが好セーブ。得点を許さず、前半は0-0で終了した。

 迎えた後半、ドイツは66分にイルカイ・ギュンドアン、フランスもウスマン・デンベレを投入。攻撃陣の活性化を図り、先制を目指す。61分にはドイツのミュラーがミドルシュートをはなったが、GK正面へ。さらに65分には右サイドからのクロスを受けたマルコ・ロイスが右足ダイレクトで狙ったものの、GKアレオラがビッグセーブで応戦した。

 72分にはセットプレーの流れからペナルティーエリア左側に残っていたフンメルスがこぼれ球に反応。強烈な右足ボレーを放ったが、GKアレオラがまたも好セーブを見せた。75分にも右CKからマティアス・ギンターが打点の高いヘディングシュートを放つも、GKアレオラが横っ飛びで弾き出す。ドイツは決定機を作りながら、ゴールネットを揺らすことができなかった。

ムバッペ

相手に囲まれながらボールをキープするムバッペ(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 試合は0-0で終了。注目の一戦はスコアレスドローに終わった。フランスは次節、9日にオランダ代表と対戦。ドイツは同日、ペルー代表との国際親善試合に臨む。

【スコア】
ドイツ代表 0-0 フランス代表

【スターティングメンバー】
ドイツ代表(4-2-3-1)
ノイアー;ギンター、ボアテング、フンメルス、リュディガー;キミッヒ、クロース;ミュラー、ゴレツカ(66分 ギュンドアン)、ヴェルナー;ロイス(83分 サネ)

フランス代表(4-2-3-1)
アレオラ;パヴァール、ヴァラン、ユムティティ、リュカ;ポグバ、カンテ;ムバッペ、グリーズマン(80分 フェキル)、マテュイディ(86分 トリッソ);ジルー(66分 デンベレ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る