FOLLOW US

バイエルン社長、レヴァンドフスキ放出を完全否定「1.5億ユーロでも…」

去就に注目が集まっているレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンのCEO(代表取締役社長)を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの放出を完全否定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8月1日に報じている。

 今夏の移籍市場でレアル・マドリードへ加入する可能性を報じられるなど、去就に注目が集まっているレヴァンドフスキ。本人は他クラブへの移籍を望んでいるとの報道もあるが、ルンメニゲ氏は同選手の放出を完全否定した。

 ルンメニゲ氏は「ロベルトについて、我々はクラブ内外の人々に明確なシグナルを送りたい。我々は彼について全て満足している。彼のポジションで彼に匹敵する選手は本当にわずかなんだ」とコメント。「ある金額が提示された時に(立場が)弱くなる、他のクラブとバイエルンは全く異なるんだ」として、以下のように続けた。

「1億ユーロ(約130億円)、1.5億ユーロ(約195億円)を提示する者が現れても、彼を放出することに関心はない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA