FOLLOW US

「出ていくはずがない」…コヴァチ監督、レヴァンドフスキの退団を否定

退団が噂されるレヴァンドフスキ [写真]= Getty Images

 バイエルンのニコ・コヴァチ監督が、退団が噂されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの去就について言及した。ドイツメディア『スカイ』が29日付で報じた。

 レヴァンンドフスキは、バイエルンの退団を望んでいるのではないかと伝えられている。一部報道では、クラブ首脳陣に退団を直訴し、トランスファーリクエストを出しているともいわれているエースをめぐって、移籍の噂が過熱している。

 しかし、今夏新たにバイエルンの指揮官に就任したコヴァチ監督は激化するレヴァンドフスキの移籍報道を一蹴。次のようにコメントし、完全否定している。

「ロベルトに関して新しい情報は何もない。我々は彼を手放したくはないし、彼がこのクラブを出ていくはずがないのは明らかだからね。彼とともにここで多くのことを達成したい。ブンデスリーガで多くの得点を記録し、素晴らしい結果を残してきた偉大な選手だ。新シーズンも多くのゴールを期待したいね。彼には契約が残っているし、期間はわからないが、できる限り長くここに残ってくれるだろうね」

 バイエルンとレヴァンドフスキの現行契約は2021年で満了する。現在29歳のエースの去就に大きな注目が集まっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA