FOLLOW US

エジル、ドイツ代表引退表明…人種差別へ失望、連盟会長やメディアに怒り

2018.07.23

ドイツ代表からの引退を表明したエジル [写真]=FIFA via Getty Images

 アーセナルに所属するMFメスト・エジルが、ドイツ代表からの引退を表明した。同選手は自身のSNSを更新し、長文を記した画像を掲載。決断理由について3部構成で思いをつづっている。

 エジルは「ここ数週間、過去数カ月の出来事を振り返り、思いを馳せる時間があった。起きたことに対して自分が考えていること、自分が感じていることを共有したい」と書き始め、思いをつづった。

 まず、今年5月にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会して記念撮影を行い、SNSに掲載した件について言及。エジルはドイツとトルコにルーツを持っているが、写真撮影が同大統領への支持に該当するとの批判をドイツ国内で受けていた。

 エジルは「多くの人々と同じように、自分は1つ以上の国にルーツを持っている。自分はドイツで育ったけど、家族のバックグラウンドはトルコをルーツとするものだ。自分には2つのハートがある。1つはドイツ、1つはトルコだよ。子どもの頃、母親からも自分のルーツへのリスペクトを常に持ち、それを絶対に忘れないように教わっていた。それは今も自分の価値観なんだ」と記したうえで、エルドアン大統領との写真撮影について以下のようにつづった。

「自分にとって、エルドアン大統領との写真は政治にも選挙にも関係するものではない。家族の国に対するリスペクトだったんだ。自分の仕事はプロサッカー選手であり、政治家ではない。この面会は政治的な承認を示すものではないんだ。自分にとって、誰が大統領であるかは問題ではなかった。自分にとっては、それが大統領であることが重要だったんだ」

 そして第2部では、メディアやスポンサーへの思いを吐露。「自分は世界でも最もタフな3つのリーグでプレーしてきた。ブンデスリーガ、ラ・リーガ、そしてプレミアリーグだ。そしてそのキャリアを通じて、自分はメディアとの付き合い方を学んできた」としたうえで、以下のようにつづっている。

「ある特定のドイツ紙は、自分のバックグラウンドやエルドアン大統領との写真を持ち出して、右翼的なプロパガンダとして利用した。その写真と自分の名前を使った見出しで、ロシア(W杯)での敗退を説明するのはなぜなのか?自分のパフォーマンスを批判したわけでも、チームのパフォーマンスを批判したわけでもなく、自分のトルコ系のルーツを批判しているんだ」

 さらに第3部では、ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長に向けて、痛烈な批判を展開。エジルは「過去数カ月、最もフラストレーションがたまっていたことは、DFBからの自分への扱いだ。特にラインハルト・グリンデル会長の扱いだね」として、以下のようにつづった。

「彼は『(エジルが)自分の行為についてもう一度説明すべきだ』と言って、ロシアでの失敗の責任を自分に押し付けた。彼の無能さをかばうスケープゴートではいたくない。グリンデルや彼の支持者にとっては、自分たちが勝った時は僕はドイツ人だし、負ければ移民ということになる。自分はドイツで納税をしているし、ドイツの学校に寄付もしたし、2014年にはドイツ代表でW杯を制した。にも関わらず、自分は未だに受け入れてもらえない。“異なる者(different)”として扱われているんだ」

「DFBや他大勢から受けた扱いによって、自分はドイツ代表のユニフォームを着ることを望まなくなった。誇りと刺激とともにドイツのユニフォームを着ていたけど、今はそうではない。この決断は非常に難しかった。チームメイト、コーチングスタッフ、そしてドイツの良い人々のために全てを捧げてきたからね。しかし、DFBの幹部が自分に対して行ってきた扱い、トルコ系のルーツへの敬意を欠いた扱いは我慢できない。自分はそのためにサッカーをしているわけではない。人種差別は絶対に受け入れてはならないものなんだ」

 エジルは現在29歳。2009年にドイツ代表でデビューし、2010年から3大会連続でW杯に出場。2014年のブラジル大会では全7試合に出場して優勝に貢献した。国際Aマッチは通算92試合に出場している。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO