2018.05.30

ブンデス第3の旋風に?…中国人投資家がドイツ4部クラブに総額114億円の出資

中国投資家がヴィクトリア・ベルリンに投資 [写真]=City-Press via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドイツ4部のレギオナルリーガ北東地域に所属するヴィクトリア・ベルリンに中国の投資家たちが出資する契約が結ばれた。ドイツ紙『ビルト』が29日に報じた。

 中国および中華系アメリカ人の合同投資ファンド『アドヴァンテージ・スポーツ・ユニオン(ASU)』によって、この10年間で総額9000万ユーロ(約114億円)という長期的な出資が行われるという。同ファンドは、すでに2016年にリーグ・アンのニースに出資し、経営権の8割を握っている。ニースはその後、クラブの経営や成績を安定させることに成功し、同ファンドも手応えをつかんでいるようだ。

 この投資ファンドの主要人物であるアレックス・チェン氏は、中国最大のホテルグループ『プラテノ』の創始者であり、サッカーの影響力を活かしながらヨーロッパの観光業を一気に席巻したいと考えているようだ。同グループ傘下の『7デイズ』は、今年8月にベルリンのシェーネフェルト空港近くにホテルをオープンさせることが決まっており、今回の投資はその一環であるという見方もある。

 すでにチェン氏は「ヴィクトリアの一員になることができて嬉しく思います」と声明を出した。だが、この出資を受けて、クラブの将来を危惧する声も出ている。それに対し、フェリックス・ゾンマー会長は、「トップチームをクラブから切り離し、(株式)会社にすることで、クラブの未来や将来の長期的な計画を守ることができる」と判断したようだ。

 ハラルト・ジーラフ副会長は「ホッフェンハイムやライプツィヒは、素晴らしい好例になってくれた。出資者がやってきて、長期的な計画をしっかりと構築している場合、どんなことが出来るか、ということを示してくれた」と話した。

 1889年に創立され、1908年と1911年にはドイツ王者にもなっている“伝統”のクラブは、ホッフェンハイムやライプツィヒのようにブンデスリーガで“第3の旋風”を起こせるようになるのか。ドイツ中の注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る