FOLLOW US

武藤がゴールのマインツ、勝利で残留確定!4位と5位は同勝ち点で最終節へ/ブンデス第33節

ブンデスリーガ第33節が各地で行われた [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第33節が、5日に各地で行われた。

 すでにリーグ6連覇を確定させているバイエルンは、降格が決まっているケルンとアウェイで対戦。30分にオウンゴールで先制を許したものの、後半に3得点を決めて敵地で逆転勝ちを収めた。なお、ケルンに所属するFW大迫勇也はベンチスタートとなり、出場機会は訪れなかった。

 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内につけている4位のホッフェンハイムは、アウェイでシュトゥットガルトと対戦。25分にマリオ・ゴメスのゴールで先制を許すと、65分に相手が退場者を出した後も守備網を崩しきることはできず。74分にはゴメスにこの日2点目となる得点を許し、0-2で手痛い黒星を喫している。シュトゥットガルトに所属するFW浅野拓磨はメンバー外だった。

 そのホッフェンハイムを追う5位のレヴァークーゼンはアウェイでブレーメンと対戦し、スコアレスドローに終わって勝ち点1の獲得にとどまっている。この結果、4位のホッフェンハイムと5位のレヴァークーゼンは勝ち点「52」で並ぶ形に。そして、両チームを勝ち点2差で追う6位のライプツィヒに加え、数字上は7位のフランクフルトもトップ4入りの可能性を残している。

 3位のドルトムントはホームで14位のマインツと対戦。ドルトムントは勝てば来季のCL出場が確定する状況だったが、1-2で敗れて4位以内確保は最終節に持ち越しとなった。一方、FW武藤嘉紀が今シーズン8点目となるゴールを決めたマインツは、敵地で強豪を相手に大きな勝利を収めている。なお、武藤は87分まで出場。足首に問題を抱えていたドルトムントのMF香川真司はメンバー外だった。

 同じく残留を争っている16位のヴォルフスブルクと17位のハンブルガーSVがそれぞれ敗戦を喫したことにより、勝ち点3を積み上げたマインツの残留が確定。降格の可能性があるチームはフライブルク、ヴォルフスブルク、ハンブルガーSVの3つに絞られ、それぞれ1部残留をかけて運命の最終節を迎えることになった。

 ブンデスリーガ第33節の結果は以下のとおり。第34節は12日に各地で行われる。

■ブンデスリーガ第33節結果

ドルトムント 1-2 マインツ
フランクフルト 3-0 ハンブルガーSV
アウクスブルク 1-2 シャルケ
シュトゥットガルト 2-0 ホッフェンハイム
ボルシアMG 3-1 フライブルク
ケルン 1-3 バイエルン
ブレーメン 0-0 レヴァークーゼン
ハノーファー 3-1 ヘルタ・ベルリン
ライプツィヒ 4-1 ヴォルフスブルク

■ブンデスリーガ第33節順位

1位 バイエルン(勝ち点84)
2位 シャルケ(勝ち点60)
3位 ドルトムント(勝ち点55)
4位 ホッフェンハイム(勝ち点52)
===========CL===========
5位 レヴァークーゼン(勝ち点52)
6位 ライプツィヒ(勝ち点50)
===========EL===========
7位 フランクフルト(勝ち点49)
8位 シュトゥットガルト(勝ち点48)
9位 ボルシアMG(勝ち点47)
10位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点43)
11位 アウクスブルク(勝ち点41)
12位 ブレーメン(勝ち点39)
13位 ハノーファー(勝ち点39)
14位 マインツ(勝ち点36)
15位 フライブルク(勝ち点33)
16位 ヴォルフスブルク(勝ち点30)
===========降格==========
17位 ハンブルガーSV(勝ち点28)
18位 ケルン(勝ち点22)

■ブンデスリーガ第34節対戦カード

バイエルン vs シュトゥットガルト
ホッフェンハイム vs ドルトムント
ヘルタ・ベルリン vs ライプツィヒ
フライブルク vs アウクスブルク
シャルケ vs フランクフルト
レヴァークーゼン vs ハノーファー
ハンブルガーSV vs ボルシアMG
マインツ vs ブレーメン
ヴォルフスブルク vs ケルン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO