2018.04.29

ケルン、終盤に怒涛の反撃も5シーズンぶりの降格決定…大迫はゴール奪えず

ケルン
怒涛の攻撃で追いつくも、降格が決まったケルン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第32節が28日に行われ、大迫勇也が所属するケルンとフライブルクが対戦した。大迫は先発出場している。

 降格を避けるため勝ち点3が必ず必要なケルンだったが、先制点を奪うことはできなかった。12分、右サイドを深くまで攻め込まれると、中央ニアサイドへクロスを上げられる。ニルス・ペーターゼンに頭で合わせられて、暗雲が立ち込める。

 さらに後半に入って52分、ゴールキックが一気にディフェンスラインの背後に放り込まれると、DFに競り勝ったペーターゼンにGKと1対1を迎えられる。そのまま流し込まれ、痛すぎる追加点を奪われた。

 82分、ケルンが反撃に出る。敵陣右サイド浅い位置から速いクロスをあげると、ファーサイドで待っていたレオナルド・ビッテンコートがヘディングでたたき込み、1点差に迫る。

 さらに87分、全く同じシーンから再びビッテンコートが頭で合わせてスコアをタイに戻す。

 終盤に怒涛の反撃を見せるも、後半アディショナルタイムに失点してしまい、あと一歩届かず。ケルンは5シーズンぶりの降格となってしまった。なお大迫は78分に途中交代した。

【スコア】
フライブルク 3-2 ケルン

【得点者】
1-0 12分 ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
2-0 52分 ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
2-1 82分 レオナルド・ビッテンコート(ケルン)
2-2 87分 レオナルド・ビッテンコート(ケルン)
3-2 90+3分 ルーカス・ホラー(フライブルク)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る