FOLLOW US

【現地リポート】肉の次はデザート! ポドルスキが経営するアイス屋にも行ってみた

2018.04.25

注文カウンターにはカラフルなアイスクリームが並ぶ

 どでかいケバブサンドを胃袋に詰め込んだあとだったし、肌寒かったので、アイスクリームを食べる気持ちにはまったくなれなかったんだけれど、せっかくだからと足を延ばしてみた。ルーカス・ポドルスキがゲバブ屋の前に出店したアイスクリーム屋に。
(ケバブサンドが気になる方はこちら

ポドルスキ

黒板に書かれた手書きのメニューがまたオシャレ

 店内は思っていたよりも広くて、落ち着いた雰囲気を演出している。遊び心を忘れていないところがまたいい。

 メニュー表はイタリアのスポーツ新聞『La Gazzetta dello Sport』ならぬ、『La Gazzetta del Gelato』。しかもメインカットの男性は、ポドルスキ自らがモデルになるという凝りようだ(おそらく顔をはめ込んでいるだけだが)。他にもお店のロゴマークが「ICE CREAM UNITED」とクラブのエンブレムを連想させるデザインになっていたりと、サッカーファンを喜ばせる仕掛けが施されている。やっぱりポルディ(ポドルスキの愛称)、センスあるなあ。

ポドルスキ

サッカーファンにとっては、このピンク色、フォントは馴染みのあるもの

 カウンターにはカラフルなアイスクリームがずらりと並んでいて、甘いもの好きにはたまらん光景だと思う(私は何の感情も抱かなかったけど)。ポドルスキのイチオシはストロベリーとヘーゼルナッツらしい。イケメン店員に「ピスタチオとミントがおいしいよ!」と爽やかな笑顔で言われ、あやうく「じゃあ、ピスタチオで!」と即答しそうになったが、ここはグッとこらえてポドルスキのおすすめをいただくことにした。けれど、うん、そうだよね。やっぱりすごく甘いよね。

ポドルスキ

満腹だったので、ミニカップでオーダー

 まじめに食レポをすると、どちらも舌触りはなめらかで濃厚。ヘーゼルナッツはコクがあり、ストロベリーは甘酸っぱい香りが鼻を抜ける。想像以上に後味はさっぱりとしているから、甘ったるさが口の中にまとわりつくことはない。味の種類が豊富なので、気分に合わせて組み合わせを楽しむことができるのは、人気の理由の一つだ。

ポドルスキ

天井にも黒板でペイントがされている。中にはあのクラブのロゴも

 たまにはおしゃれな空間で、特にこれからの季節はコーヒー片手にアイスを食べながらのんびりと過ごすのもいいだろう。ただ、甘いものは別腹系女子ではない私にとって、ケバブ屋からのアイスクリーム屋は無謀な挑戦だったと思う。

取材・文=高尾太恵子

■店舗情報
ボドルスキ

店名:Ice Cream United
住所:71 Brüsseler Straße, 50672 Köln
(ケバブ屋最寄りのChlodwigplatz・地上駅(Gleis3)から15番のトラムで約11分、6駅目のFriesenplazで下車)
(ケルン中央駅からFriesenplaz駅までは、地下Gleis2から5番のトラムで2駅/約3分)
公式サイト:https://www.icecreamunited.com/

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By 高尾太恵子

サッカーキング編集部

元サッカーキング編集部。FIFAワールドカップロシア2018を現地取材。九州出身。

SHARE

SOCCERKING VIDEO