2018.04.20

ケルン、主将がひじ負傷で今季終了…練習でジャンピングボレー失敗

レーマン
今季のブンデスリーガでは20試合に出場していたレーマン [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは19日、ドイツ人MFマティアス・レーマンが手術を受けると発表した。

 ケルンの日本語版ツイッターによると、レーマンは19日の練習中にひじを負傷。20日に手術を受けることとなり、今シーズン中の公式戦出場は不可能となったようだ。

 ドイツ誌『Kicker』日本語版によると、レーマンは練習中にジャンピングボレーを試みた際、ピッチに「不運な形で叩きつけられて」負傷。精密検査を受けて手術を要することが判明したという。

 ケルンのキャプテンを務めているレーマンは今シーズン、ブンデスリーガで20試合に出場。第17節までは1試合を除いて先発メンバーに名を連ねたが、第18節からは4試合の出場にとどまっている。出場機会は決して多くないが、残り4試合で奇跡的な逆転残留を目指すチームにあって、不本意な形で離脱することとなってしまった。

 ケルンの次節は22日、2位シャルケとのアウェイゲーム。ケルンは最下位に沈み、入れ替え戦に回る16位フライブルクとの差は9ポイントとなっている。次節のシャルケ戦で勝利を収めることができなかった場合、2部降格が決まる可能性がある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る