2018.04.13

大迫所属ケルン、今季終了後の指揮官交代を発表…逆転残留懸けて残り5戦へ

ルーテンベック
昨年12月からケルンを率いているルーテンベック監督 [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは12日、シュテファン・ルーテンベック監督が今シーズン限りで退任することが決まったと発表した。

 ルーテンベック監督は昨年12月3日、ペーター・シュテーガー監督(現ドルトムント)の後任として指揮官に就任。以前まではケルンのU-19チームを率いていたが、トップチームへ昇格することとなった。開幕16試合勝ちなしと低迷していたチームの再建を託された。

 ルーテンベック監督の就任以後、5勝3分け7敗という成績を収めている、ただ、7日に行われた第29節では16位マインツとの直接対決に臨んだものの、1-1のドロー。再び最下位へ転落し、残留圏内までの勝ち点差は「6」に拡大。逆転残留を目指し、残り5試合に臨む。

 そして今回、ルーテンベック監督が今シーズン限りで退任することが決定。今年6月30日までの契約を更新しないと発表された。なお同監督がケルンのユースチームに戻るかどうかは未定と発表されている。

 ドイツ誌『Kicker』日本語版が12日に報じたところでは、ルーテンベック監督に対してはブンデスリーガ2部のカイザースラウテルン、さらにはオランダのVVVフェンロなど複数クラブからの関心が寄せられているという。

 ケルンは次節、14日に行われるブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイゲームに臨む。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る