2018.03.30

バイエルンと激突のドルトムント、好調ロイスが欠場へ…指揮官が明かす

ロイス
バイエルン戦欠場が有力となったロイス [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際Aマッチウイーク明けのブンデスリーガ第28節(3月31日)で、MF香川真司のドルトムントは首位独走のバイエルンと対戦。敵地での大一番に臨むが、ドイツ代表FWマルコ・ロイスが欠場する可能性が高まっているようだ。

 ドルトムントの公式HPによると、29日に記者会見に出席したペーター・シュテーガー監督が、ロイスやトルコ代表DFエメル・トプラクがバイエルンに出場できない見通しであることを明かした。同監督は「土曜日(の試合)に間に合うとは考えにくい」とコメント。別メニュー調整の両選手がバイエルン戦を欠場することが有力であると語った。

 ロイスは長期離脱から復帰した後、ブンデスリーガで5試合出場3得点と好調を維持。ハイペースで得点を重ねていただけに、バイエルン戦の欠場はドルトムントにとって大きな痛手となる。

 なおドルトムントは両選手の他にも、香川、ウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ、U-18フランス代表DFダン・アクセル・ザガドゥ、ドイツ代表DFエリック・ドゥルム、ドイツ人MFセバスティアン・ローデの欠場が見込まれている。負傷者続出で苦しい台所事情だが、首位独走中の難敵を相手に意地を見せることはできるだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る