2018.03.19

公式戦19試合ぶりの黒星…バイエルンGKは反省「受け身になり過ぎた」

バイエルンは敵地でライプツィヒに敗れた [写真]=MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 18日に行われたブンデスリーガ第27節で、首位独走中のバイエルンはアウェイでライプツィヒに1-2と敗戦。勝てば他会場の結果次第で6連覇決定の可能性もあったが、勝ち点を積み重ねることはできなかった。

 試合後、バイエルンのドイツ人GKスヴェン・ウルライヒが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ウルライヒは「最初から自分たちは試合の流れをうまく掴むことができなかった。ボールロストも多かったし、攻撃の糸口も見つけられなかった」と語り、以下のように続けている。

「ライプツィヒは良いプレスをかけてきたし、ボールを奪った後は素早く攻撃してきた。それに対して自分たちは受け身になり過ぎてしまった。ボールを走らせることもできなかったし、落ち着いてプレーできなかった」

 バイエルンの敗戦は2018年に入ってからは初めてで、昨年11月25日のブンデスリーガ第13節ボルシアMG戦以来。公式戦では実に19試合ぶりの黒星となった。国際Aマッチウイーク明けの次戦は今月31日、3位ドルトムントとのホームゲームを控えている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る