2018.03.05

2位と20差の独走…4発快勝を喜ぶバイエルン指揮官「ベストマッチの一つ」

ハインケス
フライブルク戦を振り返ったハインケス監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4日に行われたブンデスリーガ第25節で、首位のバイエルンはフライブルクに4-0と快勝。2位との勝ち点差を「20」に広げた。試合後、ユップ・ハインケス監督が勝利を振り返っている。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 ハインケス監督は「我々は今日、どの局面においても、卓越した試合運びを見せた。必要であれば非常に良いフォアチェックを行い、またボールを戻して試合を落ち着かせた。ポジショニングも素晴らしく、トップクラスのパフォーマンスを見せた」と、選手たちを称賛。以下のように続けた。

「今日はチームの出来に非常に満足している。今シーズンにおけるベストマッチの一つだと言っていいだろう」

 バイエルンは勝ち点を「63」に伸ばし、2位シャルケに勝ち点差「20」をつけた。次節は10日、日本代表DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る