2018.02.27

バイエルン指揮官、今季終了後の退任を示唆「これ以上の挑戦、必要ない」

ハインケス
今季途中にバイエルンへ復帰したハインケス監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バイエルンのユップ・ハインケス監督がドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じ、今シーズン終了後に退任する意向であると明かした。

 ハインケス監督は昨年9月、成績不振によって解任されたカルロ・アンチェロッティ前監督の後任としてバイエルンに復帰。契約期間は今シーズン終了後までとなっているが、チームを見事に立て直した手腕を高く評価するクラブ首脳陣は、同監督の引き留めに動く意向であることをメディアの取材に対して明かしている。

 しかし『ビルト』でのインタビューでハインケス監督は「今年の夏、バイエルンはふさわしい監督を迎えることになるだろう」と発言。契約延長に応じるつもりはないのかとの質問については「それについてはすでに話したとおりだ」と語り、明言は避けたものの、今シーズン限りでの退任を示唆した。

 また、選手と指導者双方の立場で輝かしい実績を築き上げてきたハインケス監督にとって、サッカー界における今後の目標があるのかと尋ねられると、「そういった目標はないよ。本来なら私のキャリアは2013年で終わっていたはずだし、私は今の生活に満足している。自分は経済的にも安定しているし、スポーツの分野での挑戦をもう必要としていない」とコメント。今シーズンの指揮を最後に最後に再び第一線から身を引くという意思は固いようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る