2018.02.27

武藤の今季7点目でマインツはドロー、最下位ケルンと17位HSVが勝ち点並ぶ/ブンデス第24節

ブンデスリーガ第24節が行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第24節が23日から26日にかけて各地で行われた。

 ホームでヴォルフスブルクと対戦したマインツは、FW武藤嘉紀が今シーズン7点目でチームを救った。開始6分に左サイドからのクロスをMFヨシプ・ブレカロに押し込まれて先制を許したが、40分から急きょ途中出場した武藤が4分後にMFゲリット・ホルトマンのクロスを左足ボレーで流し込み、1-1のドローで終えた。

 FW浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトはホームで、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトと対戦。13分にMFエリク・トミーが決めた先制点を守りきって、3試合連続で1-0の勝利を収め、12位に浮上した。浅野はタイフン・コルクト新監督就任後、初のメンバー入りを果たしたが、出番はなし。長谷部はフル出場し、鎌田はメンバー外だった。

 DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)はアウェイでブレーメンとの“ノルト・ダービー”に臨んだが、86分にDFリック・ファン・ドロンヘレンのオウンゴールにより、0-1で敗戦。3連敗で11試合未勝利となった。酒井はフル出場したが、伊藤は3試合連続でメンバー外となった。

 FW大迫勇也が所属する最下位のケルンは、敵地で5位のライプツィヒと対戦した。立ち上がりの5分、FWジャン・ケヴィン・オギュスタンにこぼれ球を押し込まれて先制を許したが、後半に入って70分にMFヴァンサン・コジエロのミドルシュートで追い付くと、77分にはMFレオナルド・ビッテンコートが勝ち越しゴールを決めて、2-1の逆転勝利。5試合ぶりに白星を収め、ついに17位のHSVと勝ち点「17」で並んだ。なお、大迫は2得点に絡んだが、右足を負傷して82分にピッチを後にした。

 その他、首位を走るバイエルンはヘルタ・ベルリンとスコアレスドロー。第3節のホッフェンハイム戦以来、21試合ぶりの無得点で終わった。MF香川真司が負傷欠場したドルトムントは16分にFWマルコ・ロイスの2戦連発で先制するが、73分にセットプレーからDFケヴィン・ダンソに同点弾を浴び、1-1で引き分けた。

■ブンデスリーガ第24節結果
▼2月23日
マインツ 1-1 ヴォルフスブルク
▼2月24日
バイエルン 0-0 ヘルタ
ホッフェンハイム 1-1 フライブルク
ハノーファー 0-1 ボルシアMG
シュトゥットガルト 1-0 フランクフルト
ブレーメン 1-0 ハンブルガーSV
▼2月25日
レヴァークーゼン 0-2 シャルケ
ライプツィヒ 1-2 ケルン
▼2月26日
ドルトムント 1-1 アウクスブルク

■ブンデスリーガ第24節順位
1位 バイエルン(勝ち点60)
2位 ドルトムント(勝ち点41)
3位 シャルケ(勝ち点40)
4位 フランクフルト(勝ち点39)
===========CL===========
5位 レヴァークーゼン(勝ち点38)
6位 ライプツィヒ(勝ち点38)
===========EL===========
7位 ボルシアMG(勝ち点34)
8位 アウクスブルク(勝ち点32)
9位 ホッフェンハイム(勝ち点32)
10位 ハノーファー(勝ち点32)
11位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点31)
12位 シュトゥットガルト(勝ち点30)
13位 フライブルク(勝ち点29)
14位 ブレーメン(勝ち点26)
15位 ヴォルフスブルク(勝ち点25)
=========入れ替え戦=========
16位 マインツ(勝ち点24)
===========降格==========
17位 ハンブルガーSV(勝ち点17)
18位 ケルン(勝ち点17)

■ブンデスリーガ第25節対戦カード
▼3月2日
ボルシアMG vs ブレーメン
▼3月3日
シャルケ vs ヘルタ・ベルリン
ヴォルフスブルク vs レヴァークーゼン
フランクフルト vs ハノーファー
アウクスブルク vs ホッフェンハイム
ハンブルガーSV vs マインツ
ライプツィヒ vs ドルトムント
▼3月4日
ケルン vs シュトゥットガルト
フライブルク vs バイエルン

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る