FOLLOW US

長谷部誠、4試合ぶりの敗戦に「もったいなかった」…出番なしの浅野拓磨にも言及

敗因を語る長谷部誠(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第24節でMF長谷部誠が所属するフランクフルトは、シュトゥットガルトに0-1で敗れた。試合後に長谷部は、公式戦4試合ぶりとなる敗因を口にした。

「今日はもったいなかったです。最低でも勝ち点1を拾わなければいけなかった。こういう試合をわけるのは、やはりミスなんです」

 13分、自分たちのミスから最後はドイツ人MFエリック・トミーにこぼれ球を押し込まれた。チャンスが少なかっただけに、この1点が重くのしかかっていた。

「点を取られてから難しくなりました。向こうは新しい監督が来てから、守備の部分がとてもうまくオーガナイズされていたので。実際27失点と、うちと同じくらい守備が固い。これから同じように守備の固い相手が増えてくると思うので、攻撃のアイディアはつねに持っていきたいです」

 攻撃の局面では、シュトゥットガルトの厚い守備陣に阻まれて、なかなかシュートまで繋ぐことができなかった。崩しの一角を担う元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングとスペイン人MFオマール・マスカレルの欠場が響いたが、「そういう時こそみせなきゃいけなかった」と反省の弁を述べている。

 しかし、久しぶりの敗戦にも気持ちは前向きである。「目の前の1試合に全力で取り組む」ことで、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権がグッと近づくと考えているからだ。

 最後に、出場機会がなかったシュトゥットガルトのFW浅野拓磨について以下のようにコメントしている。

「詳しいところはわかりませんが、こういう高いレベルに身を置けば、厳しい状況に立たされることは多々あります。そういう時に、選手としても人間としても真価が問われます。苦しい時にどれだけ踏ん張れるか。将来的に、今の時間が良かったって思えるようになることを願っています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO