FOLLOW US

長谷部は250試合出場を勝利で飾れず…酒井&伊藤出場のHSVはドロー/ブンデス第21節

ブンデスリーガ第21節にそれぞれ出場した伊藤達哉(左)、酒井高徳(中央)、長谷部誠(右)[写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第21節の3日目が4日に行われた。

 MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはアウェイでアウクスブルクと対戦。長谷部は3バックの中央でフル出場し、ブンデスリーガ通算250試合出場を達成した。鎌田はメンバー外だった。

 フランクフルトは6戦無敗と得意のアウェイ戦だったが、19分にMFク・ジャチョルにこぼれ球を押し込まれて先制を許すと、76分にFWミハエル・グレゴリチュ、89分には途中出場のFWマルコ・リヒターに追加点を決められ、0-3で敗れた。6試合ぶりの黒星を喫し、4位から6位に後退。アウクスブルクは3試合ぶりの勝利で7位に浮上した。

 DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)はホームでハノーファーと対戦。酒井は新監督初陣の前節に続いて3バックの右でフル出場し、伊藤は後半開始から2試合ぶりに出場した。

 7試合勝利から遠ざかるHSVは、37分にMFイヴェル・フォッスムの鮮やかなミドルシュートを浴び、この日も5試合連続で先制点を許す。しかし86分にFKからMFフィリップ・コスティッチが押し込んで、意地の同点。後半アディショナルタイムにはDFキリアコス・パパドプーロスが2枚目のイエローカードを受けて退場となったが、試合は1-1で終了した。2試合連続ドローのHSVは8試合未勝利、ハノーファーは3試合未勝利となった。

【ブンデスリーガ第21節】
アウクスブルク 3-0 フランクフルト
ハンブルガーSV 1-1 ハノーファー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO