2018.02.03

原口が2戦連続アシストも頭強打で負傷交代…宇佐美「絶対やばいと思った」

原口元気
ザントハウゼン戦に先発出場した原口元気。後半開始直後に負傷交代を強いられた [写真]=Bongarts/Getty Images
Kota Minato

 デュッセルドルフに所属するMF原口元気が、2日に行われたブンデスリーガ2部第21節のザントハウゼン戦で、2試合連続のアシストを記録。しかし、後半開始直後に負傷交代を余儀なくされた。

 2試合連続で先発出場した原口は開始2分、右CKでキッカーを務め、DFアンドレ・ホフマンの先制点を演出し、2試合連続のアシストをマーク。しかし後半開始からわずか10秒後に悲劇が襲う。空中戦で相手MFフィリップ・クリングマンと衝突し、お互いに頭を強打。原口はピッチに頭を打つように崩れ落ちた。

 原口に代わって急きょ出場した宇佐美貴史は試合後、衝突の生々しい瞬間を振り返った。「(後半が)始まった瞬間に、パチンっていう乾いた音が聞こえた。(逆サイドから)俺がいたベンチまで届いたんで、『絶対やばい、元気くんやばいな、大丈夫かな』と思った」。

 それでも、原口はすぐに座り込む体勢になり、駆けつけたメディカルチームの手当てを受けると、頭を押さえながら自らの足でピッチを後にした。クラブ公式Twitterは、初期診断として「衝突の後、めまいがあった。リスクを冒したくなかった」と説明。試合後、クラブ関係者によると、原口はチームドクターの診察を受けただけで、病院には行っていないとのことで、大事には至らなかったようだ。

 相手のクリングマンは原口より重症だったようで、衝突後に担架で運び出された。クラブ公式Twitterは試合後、「脳震とうの疑いがあり、精密検査のため2日間、入院します」と発表。続けて「フィリップ、そしてハラグチの早い回復を祈っています」とコメントした。

 なお、試合はデュッセルドルフが開始2分の先制点を守り切り、1-0で4連勝を飾り、首位をキープした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る