2018.01.24

ドルトムントに朗報、ロイスが2月中に実戦復帰へ…チーム練習に合流

ロイス
実戦復帰に向けて順調に調整を進めているロイス [写真]=TF-Images/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 長期離脱を強いられているドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスが、実戦復帰に迫っているようだ。23日付のドイツ紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えている。

 ロイスは昨年5月27日に行われたDFBポカール決勝のフランクフルト戦で右ひざのじん帯を断裂。長期離脱を強いられることとなった。リハビリを経て昨年12月からピッチでの練習を再開した同選手は、別メニューではあるが調整を続けてきた。今月3日からはスペイン南部マルベーリャで行われたドルトムントのトレーニングキャンプにも帯同。球際での競り合いが含まれるようなメニューを回避しつつ、部分的にチーム練習に参加していた。

 そして今月22日、ロイスはチーム練習に参加して全メニューを消化。翌23日にはチームドクターによる診察を受け、右ひざの状態に問題がないことも確認されたという。

 順調な回復を見せるロイスについて、ペーター・シュテーガー監督は「チームにとってポジティブなニュースだ。検診の結果は全てがうまく進んでいることを示している。今後は、『自分の状態は良い』と彼自身が言えるようにトレーニングのやり方を調整していくことになるだろう」と語り、同選手のカムバックに期待を寄せた。

 27日に予定されているブンデスリーガ第20節フライブルク戦での復帰は難しそうだが、『ルール・ナーハリヒテン』紙によれば、早ければ2月2日の第21節ケルン戦でベンチ入りメンバーに入る可能性がある模様。ロイス、待望の復帰がいよいよ迫っている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る