2017.12.12

鎌田と長谷部は“風邪”、ハンブルガーSV戦も欠場へ…日本人対決は実現せず?

長谷部、鎌田
風邪で欠場することが濃厚と見られている鎌田、長谷部(左から)[写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠と、MF鎌田大地が12日に行われるブンデスリーガ第16節のハンブルガーSV戦を欠場する見込みであることが分かった。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 9日に行われた第15節のバイエルン戦では「とても気持ちの入った、情熱的な戦い」を演じてみせたフランクフルト。王者を相手に善戦を見せ、選手の入れ替えは極力避けたいところだったが、その一方ですでに次の試合が間近に迫っているというジレンマもある。

 ニコ・コヴァチ監督は「今日と明日は選手たちとの話し合いを持つが、ただおそらくはローテーションは行うことにはなるだろう。どれほどの入れ替えをすることになるかは言えないがね」と述べ、「ハンブルガーSV戦では精力的に、戦いを挑んでいけるチームを送り出す」と語った。

 この試合では、アメリカ代表DFティモシー・チャンドラーが復帰できると見られている。同選手は今年の10月に右ひざの外側側副じん帯を損傷。しかしコヴァチ監督は「ティミーは冬季期間に入る前にプレーできるだろう。嬉しく思うよ。ケガをする前は順調なシーズンを過ごしていたしね」と活躍に期待を寄せた。

 一方で長谷部と鎌田はともに風邪を引いており、この試合でも欠場することが濃厚。ハンブルガーSVには日本代表DF酒井高徳、FW伊藤達哉が在籍しているが、今節で“日本人対決”が実現する可能性は低そうだ。

 フランクフルトは15試合を終え、6勝4分け5敗の勝ち点「22」で9位、対するハンブルガーSVは4勝3分け8敗の勝ち点「15」で15位につけている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング