2017.12.04

バイエルンが快勝で首位独走へ…大迫は終了間際に退場/ブンデス第14節

ブンデスリーガ第14節が行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第14節が12月1日から3日にかけて行われた。

 首位のバイエルンは、ホームで昇格組のハノーファーと対戦した。先制後に一度は同点とされたものの、後半に2ゴールを奪って3-1と快勝した。首位追走へ負けられない2位ライプツィヒはアウェイでホッフェンハイムと対戦。前半に失点すると、後半も立て直すことができず3失点を喫し、0-4と大敗した。

 香川真司のドルトムントはレヴァークーゼンと対戦。上位再浮上へ勝ち点3が欲しいドルトムントは先制点を決められる苦しい展開へ。しかし前半うちに退場者を出した相手に猛攻を仕掛けて1-1で終了。香川は44分から出場し、無得点に終わった。

 大迫勇也のケルンは3位シャルケと対戦した。初勝利が遠いケルンは2度のビハインドを追いつく粘りを見せ、2-2のドローで終わり勝利とはいかないものの、5試合ぶりに勝ち点を獲得した。大迫は先発出場し、93分にシミュレーションをとられ2枚目のイエローカードをもらい退場処分となってしまった。

 浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトはアウェイでブレーメンに0-1と敗北。浅野はスタメンで出場し、57分までプレーした。酒井高徳、伊藤達哉が所属するハンブルガーSVはフライブルクとスコアレスドロー。酒井はスタメンでフル出場し伊藤はベンチ入りするも、出場はなかった。

 長谷部誠のフランクフルトは、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦。フランクフルトが2-1と逆転勝利を飾った。長谷部は先発し、フル出場。原口はメンバー外となり、日本人対決とはならなかった。

 ブンデスリーガ第14節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第14節結果
フライブルク 0-0 ハンブルガーSV
バイエルン 3-1 ハノーファー
ホッフェンハイム 4-0 ライプツィヒ
ブレーメン 1-0 シュトゥットガルト
レヴァークーゼン 1-1 ドルトムント
マインツ 1-3 アウグスブルク
シャルケ 2-2 ケルン
ヘルタ・ベルリン 1-2 フランクフルト
ヴォルフスブルク 3-0 ボルシアMG

■ブンデスリーガ第14節順位
1位 バイエルン(勝ち点32)
2位 ライプツィヒ(勝ち点26)
3位 シャルケ(勝ち点25)
4位 ボルシアMG(勝ち点24)
===========CL===========
5位 ホッフェンハイム(勝ち点23)
6位 ドルトムント(勝ち点22)
===========EL===========
7位 アウグスブルク(勝ち点22)
8位 フランクフルト(勝ち点22)
9位 レヴァークーゼン(勝ち点21)
10位 ハノーファー(勝ち点19)
11位 ヴォルフスブルク(勝ち点17)
12位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)
13位 シュトゥットガルト(勝ち点17)
14位 マインツ(勝ち点15)
15位 ハンブルガーSV(勝ち点14)
16位 フライブルク(勝ち点12)
===========降格==========
17位 ブレーメン(勝ち点11)
18位 ケルン(勝ち点3)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る