2017.11.17

キミッヒ、独紙で青年期を語る「最初に買ったユニフォームは…」

サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するドイツ代表MFジョシュア・キミッヒが、青年期について振り返った。17日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 青年期に憧れの選手について問われたキミッヒは、「僕はシャビとシュヴァインシュタイガーに憧れていた。けれど、最初に買ったユニフォームはドルトムントのロシツキーなんだ」と回答。初めて買ったユニフォームにチェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーの名前を挙げている。

 さらにキミッヒは「あと、クラシミール・バラコフも印象に残っているよ」とコメント。2002-03シーズンに、シュツットガルトを2位に導いて現役を引退し、2011-12シーズンにカイザースラウテルンの監督を経験した元ブルガリア代表MFクラシミール・バラコフ氏を挙げた。

 また、今は同選手が子供の憧れの存在になっているのではという問いに「自分ではそう思わないが、僕のユニフォームを着ている子供や、僕のポスターを掲げてくれているを見て誇りに思うよ」と語り、バイエルンで活躍している現在についてサポーターへ感謝のコメントを残した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る