2017.10.28

大迫所属のケルン、最下位脱出へ香川同僚シュールレをレンタルか

アンドレ・シュールレ
今シーズンのリーグ戦で出場機会を得られていないシュールレ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、冬の移籍市場でドルトムントのドイツ代表FWアンドレ・シュールレのレンタル獲得を狙っているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が28日付で報じている。

 ブンデスリーガで最下位と不振にあえぐケルンは24日、ゼネラルマネージャーを務めていたヨルク・シュマトケ氏との契約を解消した。ペーター・シュテーガー監督とスポーツディレクターを務めるヨルク・ヤコブス氏の下で新たな補強策を進めている。そんな中、補強候補としてシュールレの名前が浮上しているという。

 シュールレは、昨夏にクラブ史上最高額の移籍金でヴォルフスブルクからドルトムントへ移籍してきた。しかしながら、ケガも影響もあり、今シーズンのリーグ戦で出場機会を得られていない。同紙は、2018 FIFA ワールドカップ ロシアの出場を狙う同選手にとっても、出場機会を得るいいチャンスであると伝えている。

 シュールレは、昨シーズンのブンデスリーガで15試合に出場2ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る