FOLLOW US

首位ドルトが初黒星…新生バイエルンは圧勝、2差に迫る/ブンデス第8節

ブンデスリーガ第8節が各地で行われた [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が13日から15日にかけて行われた。

 6勝1分けの勝ち点「19」で首位を走るドルトムントは、ホームで昨シーズン2位のライプツィヒと対戦。開始4分にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが先制ゴールを挙げたものの、後半立ち上がりまでに1-3と逆転を許す。65分にオーバメヤンが2点目を決めたが、2-3と競り負けて今シーズン初黒星を喫した。日本代表MF香川真司はベンチスタートで、出場機会はなかった。

 カルロ・アンチェロッティ前監督を電撃解任したバイエルンは、ユップ・ハインケス新監督下での初陣に臨んだ。フライブルクをホームに迎えた一戦でゴールラッシュを見せ、5-0と圧勝。首位ドルトムントとの勝ち点差を「2」に縮めている。

 日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンはホームでシャルケに0-2と完封負け。原口は先発出場したが、44分に足裏を見せたタックルで一発退場となった。

 日本代表MF長谷部誠がフル出場、MF鎌田大地がベンチ外だったフランクフルトは、敵地でハノーファーに2-1と勝利。日本代表FW武藤嘉紀が途中出場したマインツは、ハンブルガーSVに3-2と競り勝っている。ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳はフル出場、FW伊藤達哉は先発出場で55分までプレーした。

 最下位に沈むケルンは、敵地でシュトゥットガルトに1-2と敗戦。1分け7敗と、今シーズンは未だに勝利を収めることができていない。日本代表FW大迫勇也はフル出場、シュトゥットガルトの同FW浅野拓磨はベンチスタートで、出場機会はなかった。

 ブンデスリーガ第8節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第8節結果

シュトゥットガルト 2-1 ケルン
バイエルン 5-0 フライブルク
ホッフェンハイム 2-2 アウクスブルク
ヘルタ・ベルリン 0-2 シャルケ
マインツ 3-2 ハンブルガーSV
ハノーファー 1-2 フランクフルト
ドルトムント 2-3 ライプツィヒ
レヴァークーゼン 2-2 ヴォルフスブルク
ブレーメン 0-2 ボルシアMG

■ブンデスリーガ第8節順位

1位 ドルトムント(勝ち点19)
2位 バイエルン(勝ち点17)
3位 ライプツィヒ(勝ち点16)
4位 ホッフェンハイム(勝ち点15)
===========CL===========
5位 ボルシアMG(勝ち点14)
6位 シャルケ(勝ち点13)
===========EL===========
7位 フランクフルト(勝ち点13)
8位 アウクスブルク(勝ち点12)
9位 ハノーファー(勝ち点12)
10位 マインツ(勝ち点10)
11位 シュトゥットガルト(勝ち点10)
12位 レヴァークーゼン(勝ち点9)
13位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点9)
14位 ヴォルフスブルク(勝ち点8)
15位 ハンブルガーSV(勝ち点7)
16位 フライブルク(勝ち点7)
===========降格==========
17位 ブレーメン(勝ち点4)
18位 ケルン(勝ち点1)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA