2017.08.01

移籍報道から一転、バイエルン指揮官がR・サンチェスの残留を明言

バイエルンのMFレナト・サンチェス
今夏の移籍騒動から一転して指揮官が残留を明言したR・サンチェス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今夏のバイエルン退団が度々報じられていたポルトガル代表MFレナト・サンチェスだが、指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督が同選手の退団報道を否定したようだ。7月31日付のイギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じている。

 R・サンチェスについてはミランやチェルシーなどが関心を示していると報じられてきた。昨シーズンのブンデスリーガでは17試合の出場に留まっていたことから、出場機会を求めてR・サンチェス自身も移籍を希望していると見られていた。

 しかし、アンチェロッティ監督はR・サンチェスについて「彼は移籍市場が閉まるまで私たちと時間を共にするよ。彼の退団に関するニュースは何も知らないし、今シーズンのスタートもバイエルンで迎えることになるだろう」とコメントし、同選手のチーム残留を表明した。果たして、R・サンチェスは指揮官の言葉通りに今シーズンの開幕もバイエルンで迎えることになるのだろうか。R・サンチェスの去就に注目だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る