FOLLOW US

ドルトのドイツ代表DFギンター、ボルシアMGに加入…自ら移籍を希望

ボルシアMG加入が決定したギンター [写真]=Borussia Moenchengladbach via Getty Images

 ドルトムントのドイツ代表DFマティアス・ギンターが、ボルシアMGへ移籍することが明らかとなった。ドイツ誌『kicker』が報じている。

 同誌によると、今回の移籍では移籍金1700万ユーロ(約21億8000万円)が支払われ、さらに成果次第では最大2000万ユーロ(約25億6000万円)まで上昇する仕組みとなっているようだ。

 現在23歳の同選手に対してはプレミアリーグから好条件のオファーも届いており、さらにチャンピオンズリーグ出場権を獲得したホッフェンハイムも関心を示していたが、最終的にはこれまで3度獲得に乗り出していたボルシアMGへの入団を決断している。

 ドルトムントのスポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は「ギンターは、うちでの定位置争いの状況から移籍を希望していた。彼のこれまでの精力的な取り組みに感謝しているし、今後の健闘を祈っているよ」とエールを送った。

 ドルトムントとの契約を2019年まで残していたギンター。2014年にフライブルクからドルトムントへ加入し、それ以降はリーグ戦69試合に出場している。2014年にFIFA ワールドカップ ブラジル制覇、そして今夏にはFIFA コンフェデレーションズカップ ロシアで優勝を達成。昨シーズンはリーグ戦29試合に出場していた。

 ボルシアMGは昨シーズン、12勝9分13敗の9位でシーズンを終えている。

■新作ギア『PUMA ONE』リリース

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発された最新作!



FIT

エヴォニットソックが、かかと周りのサポート性と最適なフィット感を提供

FEEL

アッパーに採用されている非常に薄くて柔らかいレザーがボールに対する究極のタッチとフィーリングを再現

FAST

軽量でフレキシブルなアウトソールと牽引性に優れたスタッド形状が加速をサポート



●主な着用予定選手:アントワーヌ・グリーズマン、セルヒオ・アグエロ、エクトル・ベジェリン、長谷部誠

『PUMA ONE』特設ページへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO