FOLLOW US

プレミア移籍か契約延長か…原口、ヘルタから去就決断に10日の猶予

去就の決断を迫られているヘルタFW原口元気 [写真]=City-Press via Getty Images

 ヘルタ・ベルリンは日本代表MF原口元気との契約交渉に早い段階で決着をつけるつもりのようだ。ドイツ紙『ビルト』が2日に報じた。

 すでに今年のはじめから2021年までの契約延長交渉が進められ、原口自身も前向きな様子が伝えられていたが、この数カ月で状況が変わったようだ。

『ビルト』紙によれば、原口はイングランド行きを希望しており、ヘルタのオファーへのサインに躊躇しているという。この数試合、原口をスタメンから外しているパル・ダルダイ監督は「私たちはゲンキとは話をした。彼にはもっと出来ると期待している。彼は自分の能力を発揮しなければならない。ゲンキが私たちの言っていることを理解してくれたと願うよ」とコメント。

 また、ヘルタは原口に、移籍か契約延長かを決断するために10日の猶予を与えたという。2018年のロシア・ワールドカップも控えている。契約を延長し、プレーに集中するのか、移籍先でゼロからスタートを切るのか、決断を迫られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO