2017.04.28

ヴォルフス指揮官、ミュラーのデビュー秘話明かす「教え甲斐が…」

ヨンカー、ミュラー
バイエルン時代のヨンカー氏(左)とミュラー [写真]=DFL via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 ヴォルフルブルクを率いるアンドリース・ヨンカー監督が、バイエルンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラーについてのエピソードを明かした。ドイツ紙『ビルト』が26日に伝えている。

 ヨンカー監督は、ミュラーがバイエルンのトップチーム昇格を果たした2009年、同クラブでアシスタントコーチを務めていた。しかし当時の指揮官だったルイ・ファン・ハール氏をはじめ、スタッフの中に同選手の存在を知る者はほとんどいなかったという。スタッフ陣にミュラーを推薦したのは、バイエルンのサテライトチームで長年に渡って指揮官を務めていたヘルマン・ゲルラント氏だった。

「攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるし、いつもゴールを決めている。彼は絶対にプロで通用する」というゲルラント氏の言葉を信じて抜擢すると、ミュラーは大ブレイクを果たす。2009-10シーズンには、ブンデスリーガで34試合に出場して13ゴール11アシストを記録。その活躍ぶりにヨンカー監督も驚かされたという。

 ヨンカー監督は当時を振り返り、「ハーフタイムになるといつも私のところに来て、どうやったらもっとうまくプレーできるのか質問していた。アドバイスをすぐに実行しようとする、教え甲斐のある選手だったよ」とコメント。ミュラーはデビュー当時から、向上心の塊のような選手だったと明かしている。

 29日に行われるブンデスリーガ第31節で、ヴォルフスブルクはバイエルンをホームに迎える。今年2月にヴォルフスブルクの監督就任が決まった際には、携帯電話にお祝いのメッセージを送ってくれたというミュラー。真剣勝負の場とはいえ、同選手との再会はヨンカー監督にとっても特別な時間となりそうだ。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る