2017.03.22

神戸移籍のポドルスキ、主将として独代表引退試合へ「複雑な気分」

ポドルスキ
代表引退試合の記者会見に臨んだポドルスキ [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ドイツ代表は22日に行われる国際親善試合でイングランド代表と対戦する。伝統の一戦を前に行われたプレスカンファレンスにて、主役を飾ったのは代表引退試合を迎えるFWルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ)だった。ドイツ誌『kicker』日本語版が21日に伝えた。

「素晴らしい13年間を過ごした。誇りだよ」。そう語ったポドルスキは、特に「ホームでワールドカップを戦えるというのはサッカー選手としてそうない経験だ」とコメント。

 数多くのハイライトを残したキャリアでの幕引きを前に、「最後のプレスカンファレンス、最後のチームメイトとの戦い、最後のロッカールーム。複雑な気分さ。もう全てが終わってしまう。そういった感情に襲われてしまうよ」との心情も吐露している。

 なお、日本時間28時45分(23日午前4時45分)キックオフ予定の同試合で、ヨアヒム・レーヴ監督はポドルスキをキャプテンに指名。「センセーショナルなことさ。最終戦でこれ以上のことなんてないだろう」と喜びをみせ、明日の試合を前に「美しく、感無量な瞬間が待っていることだろう」との見方を示した。

 今シーズン終了後にヴィッセル神戸加入が決まっているポドルスキは、MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーと同じ2004年6月に行われたハンガリーとの親善試合で代表デビュー。これまで通算129試合に出場し、48ゴールを記録した。昨夏のユーロ2016終了後、昨年8月に代表引退を表明。同じく引退を発表していたシュヴァインシュタイガーは昨年8月31日のフィンランド戦で最終戦を飾っていたが、ポドルスキは負傷により欠場したため、別の機会で引退試合を行うことが明かされていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング