FOLLOW US

大迫の相棒FWモデスト、酒井宏所属のマルセイユが注目か

得点ランク3位に立つモデスト [写真]=Ronny Hartmann/Bongarts/Getty Images

 ケルンに所属するフランス人FWアントニー・モデストに、母国のクラブであるマルセイユが注目していることが明らかになった。ドイツ誌『kicker』の日本語版が7日に報じている。

 日本代表FW大迫勇也の相棒として日本人にも馴染みの深いモデストは、現在28歳。2016-17シーズンはここまで23試合に出場して、ブンデスリーガの得点ランキング3位となる17得点をマークしており、チームをけん引する活躍を見せている。

 その活躍を受け国内外から熱視線を浴び、ファビオ・カンナヴァーロ監督率いる中国の天津権健から4000万ユーロ(約48億円)ともいわれる超高額オファーが届いたが、ケルンは放出を拒否。しかし、今夏に向けてさらにオファーが届く可能性が高いとみられている。

 地中海に面するカンヌで生まれ、ニースでプロへの階段を駆けのぼったモデストは、フランスのTV番組で母国からの関心が寄せられているとコメント。ケルンでの居心地の良さについて強調しながらも、移籍の可能性について否定することはなかった。

 関心を示しているクラブは日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとみられ、フランス代表入りを目指すモデストにとっては魅力的なオファーともいえる。「代表に選ばれたいという野心はある」と認めながらも、「でもあのポジションでの定位置争いは熾烈だからね」と言葉を続けたモデスト。今後の去就に注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA