2017.03.03

長谷部、熱下がりブンデス日本人最多出場へ…指揮官「すでに良くなっている」

長谷部誠
ブンデス通算234試合出場で日本人最多記録更新に王手をかけている長谷部 [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 DFBポカール準々決勝のビーレフェルト(2部)戦を欠場した日本代表MF長谷部誠とドイツ人DFバスティアン・オチプカだが、両選手ともに5日に行われるブンデスリーガ第23節のフライブルク戦に出場する可能性が高まった。ドイツ誌『kicker』日本語版が2日に伝えた。

 足首を捻挫したオチプカについて、ニコ・コヴァチ監督は「バスティは良くなってきているし、また笑顔が見られているよ」とコメント。アルゼンチン人DFダビド・アブラーム(出場停止)とU-21スペイン代表DFヘスス・バジェホ(負傷)が離脱というなかで、今回もサイドバックではなくセンターバックとして出場することになりそうだ。

 さらに発熱が伝えられた長谷部については、「風邪をひいていたというわけではないんだ。ただ2日ほど発熱がみられてね」と説明し、「今日はすでに良くなっていると感じている」と明かしている。

 そのためおそらく日本代表主将は再びチームに落ち着きと安定感をもたらすために、フランクフルトの中盤へと戻ってくることになるだろう。今節出場すれば、ブンデスリーガ通算235試合出場となり、奥寺康彦氏を抜いて日本人最多出場記録更新となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る