2017.02.20

バイエルンはヘルタとドロー、ドルトが3位浮上…大迫&酒井高がアシスト記録/ブンデス第21節

ブンデスリーガ第21節が各地で行われました [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第21節が17日から19日にかけて各地で行われた。

 首位バイエルンは、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとのアウェーゲームに臨んだ。前半に先制点を許し、そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム6分、フリーキックの流れでゴール前のロベルト・レヴァンドフスキが押し込んで同点に。ラストプレーでなんとか追いつき、1-1で勝ち点1を積み上げた。原口は後半アディショナルタイム4分までプレーした。

 バイエルンと勝ち点差「7」の2位ライプツィヒは敵地でボルシアMGと対戦。前半のうちにエミル・フォルスベリのゴールで先制すると、後半に入って55分にティモ・ヴェルナーの得点で2点のリードを奪う。終盤に1点を返されたが、2-1で勝利を収め、連敗を2で止めた。

 MF香川真司が所属する4位のドルトムントは、ホームにヴォルフスブルクを迎えた。オウンゴールで先制に成功すると、ウカシュ・ピシュチュクとウスマン・デンベレに得点が生まれ、3-0と完封勝利。2試合ぶりの白星で3位に浮上した。香川は3点リードの73分から途中出場した。

 その他、MF長谷部誠所属の3位フランクフルトはホームでインゴルシュタットに0-2と敗戦を喫し、2連敗。長谷部はフル出場したが、53分にはPKを失敗した。FW大迫勇也が所属するケルンはDF内田篤人所属のシャルケをホームに迎え、先制を許したが、大迫のアシストで同点に持ち込んだ。

 DF酒井高徳所属のハンブルガーSVはホームでフライブルクとドロー。酒井の今シーズン2アシスト目などで2度のリードがあったが、守りきることはできなかった。FW宇佐美貴史所属のアウクスブルクはレヴァークーゼンに1-3と敗戦。宇佐美は今シーズン初のフル出場を果たしている。

 その他の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第21節結果
アウクスブルク 1-3 レヴァークーゼン
ドルトムント 3-0 ヴォルフスブルク
マインツ 0-2 ブレーメン
ヘルタ・ベルリン 1-1 バイエルン
ホッフェンハイム 2-0 ダルムシュタット
フランクフルト 0-2 インゴルシュタット
ハンブルガーSV 2-2 フライブルク
ボルシアMG 1-2 ライプツィヒ
ケルン 1-1 シャルケ

■ブンデスリーガ第21節順位
1位 バイエルン(勝ち点50)
2位 ライプツィヒ(勝ち点45)
3位 ドルトムント(勝ち点37)
4位 ホッフェンハイム(勝ち点37)
==========CL==========
5位 フランクフルト(勝ち点35)
6位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点34)
==========EL==========
7位 ケルン(勝ち点33)
8位 レヴァークーゼン(勝ち点30)
9位 フライブルク(勝ち点30)
10位 シャルケ(勝ち点26)
11位 ボルシアMG(勝ち点26)
12位 マインツ(勝ち点25)
13位 アウクスブルク(勝ち点24)
14位 ヴォルフスブルク(勝ち点22)
15位 ハンブルガーSV(勝ち点20)
========入れ替え戦========
16位 ブレーメン(勝ち点19)
==========降格=========
17位 インゴルシュタット(勝ち点18)
18位 ダルムシュタット(勝ち点12)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る