2017.02.05

原口の今季初ゴールが決勝点…ヘルタが3試合ぶりの勝利を挙げる

原口
インゴルシュタット戦で今季初ゴールを決めた原口元気 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとインゴルシュタットが対戦した。原口は昨年12月17日に開催された第15節・ライプツィヒ戦以来、4試合ぶりの先発出場となった。

 前節はアウェーでフライブルクに敗れ、リーグ戦2連敗となったヘルタ・ベルリン。ここ5試合で1勝4敗と調子を落とし、順位も6位にまで後退している。この試合を不振脱却への足掛かりとしたいところだ。

原口

今季初ゴールを喜ぶ原口元気 [写真]=Bongarts/Getty Images

 試合は開始早々の1分に動く。サロモン・カルーが左サイドをドリブルで持ち上がると、グラウンダーのクロスを入れる。右サイドで待っていたのは原口。低い弾道のシュートが決まり、見事にヘルタ・ベルリンが先制点を挙げた。原口はこれが今シーズン初ゴールとなった。

 その後は、両チームともになかなかシュートまで持ち込めず、拮抗した展開が続く。27分、ヘルタ・ベルリンは右サイドの高い位置でボールを持ったペテル・ペカリークがミドルシュート。強烈なシュートだったが、これは相手GKの正面を突いてしまう。

 インゴルシュタットは35分、右サイドの高い位置でFKを獲得。同点のチャンスを迎えたが、パスカル・グロスの上げたボールは味方に合わない。

 続く41分、インゴルシュタットはフローラン・ハデルジョナイが右サイドを駆け上がり、ゴール前に折り返す。中で待っていたグロスが右足で合わせたが、枠を捉えられず。同点に追いつくことができない。前半はこのままヘルタ・ベルリンが1点リードで折り返した。

 後半に入ると球際の攻防はさらに激しさを増していく。47分にはヘルタ・ベルリンのヴェダド・イビシェヴィッチに、58分にはインゴルシュタットのアルフレッド・モラレスにそれぞれイエローカードが提示された。

 64分、インゴルシュタットはグロスのFKにダリオ・レスカノが頭で合わせるが、これもわずかに枠を外れてしまう。

 さらに77分、インゴルシュタットは投入されたばかりのロベルト・ライぺルツがゴール正面でシュートを放つ。枠を捉えたもののコースが甘く、これも同点ゴールとはならない。

 結局、このままスコアは動くことなく1-0で試合終了。原口の先制点を守り抜いたヘルタ・ベルリンが連敗を2でストップし、ウインターブレイク明け初勝利を挙げた。原口はフル出場を果たしている。

 次戦、ヘルタ・ベルリンは8日にDFBポカール3回戦で日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、インゴルシュタットは11日にブンデスリーガ第20節でバイエルンと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-0 インゴルシュタット

【得点者】
1-0 1分 原口元気(ヘルタ・ベルリン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る