FOLLOW US

2戦連続先発の武藤「調子はかなり良くなってきた」「幻のゴールは…」

ドルトムント戦に先発出場し、74分までプレーした武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が29日に行われ、FW武藤嘉紀所属のマインツは日本代表MF香川真司所属のドルトムントと対戦し、1-1で引き分けた。この一戦に先発出場した武藤は、試合後に自身のTwitter(@yoshimuto18)を更新した。

 22日に行われたケルン戦でひざの負傷による長期離脱からの復帰を果たしていた武藤は、2試合連続でスタメンに名を連ね、74分までプレー。14分には後方からのパスに抜け出して左足でゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 武藤は試合後、「身体の調子はかなり良くなってきました。後は点を取るのみ! 幻のゴールはオフサイドじゃないよ。もってなかったということで次に切り替えます!」と投稿。惜しくも復帰後初ゴールは逃したが、コンディションが上がっていることをアピールした。

 次節は2月4日、敵地でホッフェンハイムと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO