2017.01.30

日本人選手が躍動 大迫2ゴールに酒井高は豪快ミドル、長谷部は初アシスト/ブンデス第18節

ブンデスリーガ第18節が各地で行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第18節が27日から29日にかけて各地で行われた。

 首位バイエルンは敵地でブレーメンと対戦。FWアリエン・ロッベン、DFダヴィド・アラバのゴールで勝利を収め、リーグ7連勝とした。

 バイエルンを勝ち点差「3」で追う2位ライプツィヒは、3位ホッフェンハイムをホームに迎えた。1-1で迎えた60分、ホッフェンハイムの選手が退場になったことで数的優位に。77分に決勝点を奪い、2連勝でバイエルンを追走している。

 FW大迫勇也が所属するケルンはダルムシュタットに6-1と大勝。先発した大迫は2ゴール1アシストと活躍し、フル出場で勝利に貢献した。

 MF長谷部誠が所属するフランクフルトはシャルケと対戦し、長谷部の今シーズン初アシストが決勝点につながって1-0と完封勝利。また、ハンブルガーSVのDF酒井高徳は豪快なミドルシュートで自身約2年ぶりのゴールを決めたが、チームはインゴルシュタットに敗れている。

 その他の日本人選手は、ヘルタ・ベルリンのFW原口元気は66分から途中出場、アウクスブルクのFW宇佐美貴史は3試合ぶりに先発出場、マインツのFW武藤嘉紀は2試合連続の先発出場を果たした。一方、ドルトムントのMF香川真司に出番はなかった。

 ブンデスリーガ第18節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第18節結果
シャルケ 0-1 フランクフルト
ヴォルフスブルク 1-2 アウクスブルク
インゴルシュタット 3-1 ハンブルガーSV
ダルムシュタット 1-6 ケルン
ライプツィヒ 2-1 ホッフェンハイム
レヴァークーゼン 2-3 ボルシアMG
フライブルク 2-1 ヘルタ・ベルリン
マインツ 1-1 ドルトムント

■ブンデスリーガ第18節順位表
1位 バイエルン(勝ち点45)
2位 ライプツィヒ(勝ち点42)
3位 フランクフルト(勝ち点32)
4位 ドルトムント(勝ち点31)
==========CL==========
5位 ホッフェンハイム(勝ち点31)
6位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点30)
==========EL==========
7位 ケルン(勝ち点29)
8位 フライブルク(勝ち点26)
9位 レヴァークーゼン(勝ち点24)
10位 マインツ(勝ち点22)
11位 シャルケ(勝ち点21)
12位 アウクスブルク(勝ち点21)
13位 ボルシアMG(勝ち点20)
14位 ヴォルフスブルク(勝ち点19)
15位 ブレーメン(勝ち点16)
16位 インゴルシュタット(勝ち点15)
==========降格==========
17位 ハンブルガーSV(勝ち点13)
18位 ダルムシュタット(勝ち点9)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る