FOLLOW US

原口、途中出場もノーゴール ヘルタは終盤に1点を返すも敵地で惜敗

敗戦に肩を落とすヘルタ・ベルリンの選手ら [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が29日に行われ、フライブルクと日本代表MF原口元気所属のヘルタ・ベルリンが対戦した。

 前節、敵地でレヴァークーゼンに敗れ、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位へ転落したヘルタ・ベルリン。上位に踏みとどまるためにも、連敗は避けたいところ。今節はアフリカ・ネーションズカップ2017参加の影響でチームを離れていたコートジボワール代表FWサロモン・カルーが先発出場。一方、原口は前節に続いてベンチスタートとなった。

先発から外れた原口元気 [写真]=Getty Images

先発から外れた原口元気 [写真]=Getty Images

 試合開始から両チーム拮抗した展開。なかなかシュートシーンまで持ち込めない時間が流れる。

 迎えた39分、フライブルクはロングフィードをエリア右で受けたヴィンチェンツォ・グリフォが中央へ折り返すと、ヤニク・ハベラーがトラップから素早く左足でシュート。ボールはゴール左下へ突き刺さり、先制点となった。

 前半はシュートわずか1本に終わったヘルタ・ベルリン。それでも後半立ち上がりは積極的に攻撃を仕掛ける。55分には相手ディフェンスラインが後ろに下がっているのを見て、ピッチ中央からジョン・ブルックスが左足でロングシュート。しかしクロスバーの上へ外れた。

 66分、ヘルタ・ベルリンはカルーを下げて原口をピッチへ投入。原口は左サイドハーフに入った。

 すると71分、CKがエリア内にこぼれたところに原口がいち早く反応。浮き球を右足のインステップでシュートした。しかしボールはDFに当たり、得点とはならなかった。

 その後も敵陣でプレーする時間が続くヘルタ・ベルリン。しかしなかなか得点を決めることができない。すると87分、フライブルクは右サイドでこぼれ球を拾ったニルス・ペーターゼンが中央へカットイン。そのまま左足でミドルシュートを放つと、ボールはゴール右下へ吸い込まれた。

追加点を喜ぶペーターゼン [写真]=Getty Images

追加点を喜ぶペーターゼン [写真]=Getty Images

 ヘルタ・ベルリンは直後の88分にユリアン・シーバーがエリア内の混戦から左足を振りぬき1点を返す。しかし反撃はここまで。ヘルタ・ベルリンが敵地で1-2と黒星を喫し、ウインターブレイク明け2連敗となった。なお、原口は試合終了時までプレーしている。

 次節、フライブルクはボルシアMGと、ヘルタ・ベルリンはインゴルシュタットとそれぞれ2月4日に対戦する。

【スコア】
フライブルク 2-1 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1-0 39分 ヤニク・ハベラーフライブルク
2-0 87分 ニルス・ペーターゼン(フライブルク
2-1 88分 ユリアン・シーバー(ヘルタ・ベルリン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO