2017.01.26

レヴァンドフスキ、他クラブへの移籍に興味示さず「とても快適だ」

レヴァンドフスキ
レヴァンドフスキはバイエルンでのプレーに満足する様子を見せた [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、バイエルンでのキャリアに満足する様子を見せた。イギリス紙『デイリーメール』が25日に伝えた。

 昨年12月にバイエルンとの契約を2021年まで延長したレヴァンドフスキ。昨シーズンはブンデスリーガの得点王になり、今シーズンもここまで17試合に出場し14得点を記録するなど、世界有数のストライカーとして大車輪の活躍を見せている。そのため、同選手に対する他クラブからの関心は強く、特に、レアル・マドリードからの数年にわたるアプローチが報じられていた。

 しかし、レヴァンドフスキは移籍に関してコメントした際、その可能性を否定し、クラブへの愛着や、他国の強豪に対する自信の見解を明らかにしている。

 同選手は「バイエルンはレアル・マドリードやバルセロナと並び、世界で最も強いチームの一つだ。だから、ここから移籍することは決してステップアップじゃない。僕たちはあらゆるトロフィーを勝ち取れる可能性を持っている。それに、僕はミュンヘンでの生活がとても快適だよ」と話し、去就に関する報道を一蹴した。

 バイエルンで3年目のシーズンを過ごすレヴァンドフスキ。類稀な得点センスを生かし、愛するクラブにタイトルをもたらすことができるか。今後の活躍から目を離せない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る