2017.01.16

バイエルンが独代表2選手を獲得、加入は今季終了後…会長「将来への投資」

ズーレ、ルディ
今夏のバイエルン加入が決まったズーレ(左)とルディ(右) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは15日、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表DF二クラス・ズーレと同MFセバスティアン・ルディの獲得を発表した。両選手は今年7月1日にバイエルンへ加入する。

 ズーレは1995年生まれの21歳。各年代のドイツ代表に名を連ね、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックにも出場した。そして同年8月にはA代表初選出を果たした期待のDFだ。ホッフェンハイムの下部組織からトップチームへ昇格し、昨シーズンはブンデスリーガで33試合出場を記録。今シーズンはブンデスリーガ第16節終了時点で15試合出場1ゴールを記録している

 バイエルン移籍にあたり、ズーレは「去就のことを考えると悲しくなる」と、下部組織から育ったホッフェンハイムとの別れを惜しみつつ、「世界最高のクラブで成長できることは大きなチャンスだよ」と期待感を示している。なおバイエルンは、ズーレと2022年6月30日までの5年契約を結んだことを発表している。

 ルディは1990年生まれの26歳。シュトゥットガルトの下部組織出身で、2008年にプロデビューを果たした。2010年夏からホッフェンハイムに所属。各年代別のドイツ代表、そしてA代表にも名を連ねている。ユーロ2016では候補メンバーに選出されたが、本大会には招集されなかった。今シーズンはブンデスリーガ第16節終了時点で14試合に出場している。

 バイエルン移籍にあたり、ルディは「夢のような移籍だ。バイエルンは世界最高峰のクラブの一つだよ」と、喜びを語っている。なおバイエルンは、ズーレと2022年6月30日までの5年契約を結んだことを発表している。

 2選手の獲得にあたって、バイエルンのCEOを務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏は「我々はとても満足している。嬉しいよ。2選手の移籍は、バイエルンの将来への投資でもある。ルディは移籍金なしでの獲得、ズーレはホッフェンハイムと非常にフェアなベースで合意に達した」とコメントしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
6pt
フライブルク
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ウディネーゼ
3pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング