2016.12.23

ドラクスラー、移籍交渉の存在明言「2つのクラブと話し合っている」

ドラクスラー
昨シーズンからヴォルフスブルクでプレーするドラクスラー [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、複数のクラブと交渉を行っていることを明らかにした。21日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

 同紙によればドラクスラーは、2-1で勝利した20日のボルシアMG戦後に自身の将来についてコメントし、「2つのクラブと話し合っているところだ。でも、まだ確定していることは何もないよ」と、移籍に向けた交渉の事実を認めたという。

 ドラクスラーに関しては、アーセナルやリヴァプール、パリ・サンジェルマンなどが獲得に興味を示していると報じられてきた。加入して2年目となるヴォルフスブルクは現在ブンデスリーガで13位と低迷しており、同選手自身もゴールがない中で移籍に心が傾いているようだ。

 現在23歳のドラクスラーは、DF内田篤人が所属するシャルケの下部組織出身で、2015年夏にヴォルフスブルクへ加入し10番を背負っている。今夏にも移籍願望を口にするなど移籍市場を賑わせていたが、ついに退団が現実味を帯びてきた形だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る