2016.12.21

ドルト、21歳MFヴァイグルと2021年まで契約延長 1年半で公式戦出場73試合

ヴァイグル
ドルトムントと2021年まで契約を延長したMFヴァイグル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルと契約更新したことを発表した。

 2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントに加入したヴァイグル。これまで2019年まで結んでいた契約を2年間延長し、2021年6月30日までの新契約を締結した。

 21歳のヴァイグルは加入1年目の昨シーズンから主力に定着し、公式戦51試合に出場。クラブ公式サイトによると、リーグ戦でのパス成功率はチームトップの92パーセントだったという。今シーズンもリーグ戦16試合中15試合に出場しており、加入1年半で公式戦73試合に出場している。

 契約更新に際しヴァイグルは、「ドルトムントではサッカー面、あらゆる面でしっかり面倒を見てもらっている。契約延長は僕にとって合理的な判断で、考える必要はほとんどなかったよ」と、喜びを示した。

 また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は「ユリアン(ヴァイグル)はまだ若いにもかかわらず、すでに主力となっている。ドルトムントですぐに定位置を掴み、高いレベルでプレーするようになった。まだ成長の初期段階だが、長く在籍する決意をしてくれて嬉しい」と、ヴァイグルの活躍を称えた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る