FOLLOW US

ベルリンのトラック突入テロ、独でプレーの永里優季「他人事にはなれない」

12月19日にベルリンでクリスマスマーケットにトラックが突入する事件が発生した [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ドイツの首都ベルリンで19日、クリスマスマーケットに大型トラックが突入し、60人以上の死傷者が出るという事件が発生。これを受けて、サッカー界からも哀悼のコメントが寄せられた。

 19日夜、ベルリン中心部のカイザー・ヴィルヘルム記念教会に近いクリスマスマーケットに、1台の大型トラックが突入。12人が亡くなり、48人が負傷する事態となった。地元警察は、運転していたと見られるパキスタン人の容疑者を拘束したが、犯人と確定できていない模様。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は「テロ攻撃と考えざるを得ない」と語っており、テロ事件として調査が続いている。

 この惨事に、地元クラブである、日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはクラブ公式ツイッターで「悲しく、ショックを受けています。犠牲者の家族にお悔やみ申し上げます。強くあれ、ベルリン!」とコメント。

 ベルリン出身のバイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングはツイッターで「言葉にならない。僕の心はホームタウンで起きた悲劇の犠牲者や家族とともにある」とコメントした。

 1.FFCフランクフルトに所属するFW永里優季は、自身のツイッターで「クリスマスマーケットはドイツの冬の風物詩。私もちょくちょく行くので、他人事にはなれません。亡くなられた方へ追悼の意を表し、お悔やみ申し上げます」と心境を綴った。

 事件翌日の20日にブンデスリーガ第16節のアウクスブルク戦に臨む、同代表MF香川真司所属のドルトムントはクラブ公式ツイッターで、「今日は試合日ですが、お祝いの日ではありません。ベルリンの犠牲者に哀悼の意を表し、彼らの家族や友達にお悔やみ申し上げます」と綴った。

 また、FW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクもクラブ公式ツイッターで「ベルリンでの犠牲者とその家族のことを想っています。がんばれ!」とコメント。その他、ドイツの各クラブなども揃って哀悼の意を表している。

 なお、20日と21日に開催されるブンデスリーガ第16節では、全試合でキックオフ前に黙とうが行われる。

ベルリン

事件現場近くには花やろうそくが捧げられている [写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO