2016.12.18

先発の大迫は決定機決めきれず…ケルンはドローで4試合未勝利続く

大迫勇也
ブレーメン戦に先発出場した大迫(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第15節が17日に行われ、ブレーメンと日本代表FW大迫勇也が所属するケルンが対戦した。大迫は2トップの一角で14試合連続の先発出場となった。

 ケルンは前節のドルトムント戦で、終盤までリードしながらも1-1のドローに持ち込まれた。これで3試合連続の未勝利となっている。一方、ブレーメンは第13節のインゴルシュタット戦、前節のヘルタ・ベルリン戦で白星を挙げ、今シーズン初の連勝を飾った。ケルンは4試合ぶりの白星を、ブレーメンは下位から脱出するためにも3連勝を目指す。

 序盤はややケルンが押し気味に試合を進める。18分、クロスボールのこぼれ球を拾ったアルチョム・ルドニェフスがボレーシュートを狙ったが、ここは相手DFのブロックに遭ってしまった。

 スコアが動いたのは28分。ケルンのヨナス・ヘクターが前線のアントニー・モデストへスルーパスを送ると、最終ラインの裏に抜け出したモデストがGKとの一対一でシュートを放つ。GKヤロスラフ・ドロブニーがなんとか弾いたが、こぼれ球をルドニェフスが押し込み、ケルンが先制に成功した。

アルチョム・ルドニェフス

ルドニェフスの先制ゴールを喜びケルンの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

 しかし、41分にブレーメンも反撃。セカンドボールを拾ったフィリップ・バルグフレーデが右のセルジュ・ニャブリへパス。ニャブリが強烈なミドルシュートを放つと、GKトーマス・ケスラーがこれを弾ききれず、ゴールネットを揺らした。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

 ブレーメンは後半からクレメンス・フリッツを下げ、ズラトコ・ユヌゾヴィッチを投入した。

 勝ち越しを狙うケルンに決定機。65分、コンスタンティン・ラウシュが高い位置でボールを奪うと、大迫がGKとの一対一を迎えたが、シュートは惜しくもゴール左に外れてしまった。

 ケルンはその後もチャンスを作ったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、1-1のドローに終わった。ケルンは4試合未勝利となった。なお、大迫はフル出場している。

 次節、ブレーメンは敵地でホッフェンハイムと、ケルンはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1-1 ケルン

【得点者】
0-1 28分 アルチョム・ルドニェフス(ケルン)
1-1 41分 セルジュ・ニャブリ(ブレーメン)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る