2016.11.17

バイエルン会長、ラーム引退後の幹部就任を検討「一選手以上の存在」

ラーム
バイエルンの主将を務めるDFラーム [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、キャプテンとしてチームをまとめている元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが現役を引退した際には、クラブの幹部就任を打診する意向であることが分かった。ドイツメディア『SPORT1』が伝えている。

 バイエルンでは今年7月にマティアス・ザマー氏がクラブを去って以来、スポーツディレクターのポストが空席状態となっている。ルンメニゲ会長は近い将来そのポジションに、バイエルン一筋のラームを配置することを検討しているようだ。

 今週33回目の誕生日を迎えたラームは、バイエルンとの契約を2018年まで残している。しかし先日行われたメディアの取材に対し、今シーズン終了後に現役を続行するか否かを決断すると発言していた。

 ラームの今後の去就に関して、「いつ引退するのかは彼が決めることだよ。それは誰も邪魔できない」として、決断は一任するつもりであると話したルンメニゲ会長。その一方で、「クラブにとって一選手以上の存在」と同選手のカリスマ性を高く評価。引退後も何らかの形でクラブに関わってくれることを強く望んでいるようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る