2016.11.09

ドルトムントのオバメヤン、ブンデスリーガ第10節のMVPに輝く

第10節のMVPは1試合4ゴールのワンマンショーを演じたオバメヤンに決定
ドイツ・ブンデスリーガの日本語公式HP

 ブンデスリーガ公式ツイッターの投票によるブンデスリーガ第10節のMVPが発表され、61%の支持を集めたドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンが今季初受賞を果たした。オバメヤンはハンブルガーSV戦で4ゴールを叩き込むワンマンショーを演じ、チームの5試合ぶりの勝利に貢献。今季のゴール数は一気に11となり、ケルンのアントニー・モデステと並んで得点ランキングのトップに立った。なお、オバメヤンは英語版、スペイン語版でも最多得票を集めている。

 MVP候補にはオバメヤンのほかに、サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)、マリオ・ゴメス(ウォルフスブルク)、ティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)がノミネート。それぞれ15%、13%、11%の支持を集めた。

 カルーはメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦でハットトリックを達成。ゴメスはフライブルク戦で2ゴールを決めてチームの4連敗を阻止した。ウェアナーはマインツ戦で2ゴール1アシストとチームの全得点に絡む活躍。勝ち点で首位バイエルン・ミュンヘンに並ぶ原動力となった。

「ドルトムント ネクストステージへ」ワールドサッカーキング2016年4月号(No.309/3月12日発売)

[主なコンテンツ]

 今号のワールドサッカーキングでは、トーマス・トゥヘルを指揮官に招いて新たなスタートを切ったドルトムントを大特集。クラブ全面協力のもと、今年も冬季キャンプで潜入取材を敢行。現地で直撃した香川真司をはじめ、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOやトゥヘル監督、急成長株のマティアス・ギンターとユリアン・ヴァイグルの独占インタビューをお届けします。その他、新生ドルトムントの変化・進化を知ることができるコンテンツも満載。BVBの今がすべて詰まった一冊に仕上がっています。もちろん、オリジナルの『WCCFカード』付録も要チェック! 今すぐ『ワールドサッカーキング4月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る