2016.11.06

バイエルンDFボアテング、右足の負傷を発表…W杯予選に臨む独代表を辞退

ホッフェンハイム戦で途中交代を余儀なくされたDFボアテング(右) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは5日、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが負傷し、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に臨むドイツ代表から辞退したことを発表した。

 ボアテングは5日に行われたブンデスリーガ第10節ホッフェンハイム戦に先発出場。しかしながら、試合終盤の82分にオーストリア代表DFダヴィド・アラバとの交代を余儀なくされていた。

 同クラブ公式サイトによると、ボアテングは右ひざと右足の内転筋に問題を抱えているようだ。詳しい離脱期間などは示されていないが、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「重傷ではないが、今は難しい状況だ。代表へ行ったら、悪化してしまうだろう」と、同選手の状態について言及した。

 W杯欧州予選第3節を終えて、3連勝でC組首位に立つドイツ代表。11日に最下位のサン・マリノ代表と対戦し、15日にはイタリア代表との親善試合に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る