2016.11.05

バイエルン、海洋ゴミをリサイクルした特別ユニフォーム着用を発表

X・アロンソ
ユニフォーム披露会に出席したシャビ・アロンソ(左)[写真]=FC Bayern via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは4日、翌5日に行われるブンデスリーガ第10節のホッフェンハイム戦で海洋ゴミをリサイクルしたユニフォームを着用することをクラブ公式サイトで発表した。

 特別なユニフォームは、アディダスと海洋保護団体「PARLEY FOR THE OCEANS」によって、モルディブの沿岸で回収されたプラスチックゴミをリサイクルして作成。赤一色のデザインで、クラブのロゴやアディダス特有の3ラインなどは環境に配慮した方法でプリントされており、襟には「For the oceans」の文字が刻まれているという。

 4日に行われたユニフォーム披露会見に出席した元スペイン代表MFシャビ・アロンソは、「僕はスペインのビーチで生まれ育ったんだ。だから、海のゴミをリサイクルして作られたユニフォームを着られるのは本当に嬉しいよ。海を守る重要性を知ってもらう素晴らしいチャンスだね」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る